強い寒気が流れ込む影響で、岐阜県内は17日未明から18日にかけて大雪となる見込み。飛騨地方や中濃地域の山間部では、この冬一番の大雪となりそう。

 美濃地方の平野部でも山寄りの地域で30センチの降雪が見込まれる。雪雲が同じ場所に流れ込み続けた場合は、警報級の大雪になる可能性がある。

 岐阜地方気象台によると、17日午後6時までに予想される24時間降雪量はいずれも多い所で、美濃、飛騨地方ともに山間部は80センチ、平野部は30センチ。山間部では17日の未明から朝にかけて、平野部では朝から昼前が降雪のピークになりそう。

 18日も山間部を中心に降り続く見込みで、18日午後6時までの24時間降雪量は飛騨地方の山間部で40~60センチ、平野部で20~40センチ。美濃地方の山間部で30~50センチ、平野部で10~20センチを見込んでいる。

 JR東海は17日、高山線の飛騨古川-猪谷間で始発から上下線で運転を見合わせる。線路などの安全確認ができ次第、昼過ぎ以降に順次運転を再開する予定。特急「ワイドビューひだ」は、高山-富山間で上下線計4本を部分運休する。