強い冬型の気圧配置の影響で、岐阜県内は20日、飛騨地方を中心に雪が降った。21日の明け方にかけて大雪となる見込みで、岐阜地方気象台は飛騨地方では日中も断続的に雪が降ると予測している。

 気象台は、21日午後6時までの24時間降雪量を、いずれも多いところで飛騨地方の山間部50センチ、平野部20センチ、美濃地方の山間部30センチ、平野部10センチと見込む。20日午後7時現在の積雪は、大野郡白川村で199センチ、飛騨市河合町で147センチ、郡上市白鳥町で85センチ、本巣市根尾で22センチなど。

 雪の影響で、JR東海は20日、高山線の飛騨古川ー猪谷間で夕方の便を最後に運転を見合わせた。21日は始発から上下線で通常通り運行する予定。