岐阜オープンクラシックで優勝し、トロフィーを手にする沢崎安雄=27日午後5時53分、各務原市須衛天狗谷、各務原カントリー倶楽部

 ゴルフの第39回岐阜オープンクラシック2022(岐阜新聞社 岐阜放送主催)最終日は27日、岐阜県各務原市須衛天狗谷の各務原カントリー倶楽部で予選ラウンドの残りと決勝ラウンドを行い、沢崎安雄(信楽CC)が通算9アンダーの135で初優勝した。ベストアマには通算イーブンパー、144の永田丞(美濃加茂高)が輝いた。

 

 大会は2日間の36ホールストロークプレーで実施。前日の予選ラウンドは降雨によるコースコンディション不良で大会史上初めてサスペンデッドになり、およそ3分の1の選手が競技を終えられなかった。この日は残りを行った後、予選ラウンドを通過したプロ、アマチュア計73人が決勝ラウンドで競った。

 予選ラウンドで首位に立った沢崎は前半1オーバーでスコアを伸ばせなかったが、後半に4バーディーを奪って、2位に1打差で競り勝った。