無観客で開幕した第39回岐阜オープンクラシックで、ティーショットを放つ藤田寛之=26日午前7時12分、各務原市須衛天狗谷、各務原カントリー倶楽部

 ゴルフの第39回岐阜オープンクラシック2022(岐阜新聞社 岐阜放送主催)は26日、岐阜県各務原市須衛天狗谷の各務原カントリー倶楽部(6883㍎、パー72)で開幕した。予選ラウンドを実施したが、降雨によるコースコンディション不良のため、サスペンデッドとなった。同大会のサスペンデッドは初めて。

 昼前から強い雨が降る中、プロ、アマチュアの計136人が出場。ツアー通算18勝の藤田寛之(葛城GC)や、同12勝の宮本勝昌(フリー)、若手注目株の桂川有人(国際スポーツ振興協会)らが顔をそろえた。

 

 

 大会は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため無観客で開催。大会の模様は動画投稿サイト「ユーチューブ」の大会公式チャンネルで生配信され、トップ選手による熱戦を画面越しにファンが楽しんだ。

 最終日の27日に予選ラウンドの残りと決勝ラウンドを行う。上位60位タイまでが決勝ラウンドに進出する。ただし、60位タイまでにアマが20人に満たない場合は、アマの上位20位タイまでが決勝ラウンドに進む。