恩田聖敬さん

 全身の筋肉が徐々に動かなくなる筋萎縮性側索硬化症(ALS)の患者、家族の組織、日本ALS協会の会長に、患者でサッカーFC岐阜の元社長恩田聖敬さん(44)=岐阜市=が就任した。

 恩田さんによると、28日に行われた協会の総会で選ばれた。恩田さんはブログで「患者の社会参加を推進する。患者の実情を広く発信することで、われわれが社会へ貢献できるすべを探っていく」と就任の抱負を語った。

 恩田さんは山県市出身。2014年、FC岐阜の社長に就任した直後、病気を発症、翌年退任した。その後は車いす生活を送りながら執筆や講演活動を行っている。