色とりどりの短冊が付いた七夕飾りで華やかになった商店街=中津川市太田町

 小学生や幼稚園児らが書いた短冊を付けた七夕飾りが、岐阜県中津川市太田町の西太田町通りに飾られ、初夏の訪れを告げている。

 西太田町通り商店街振興組合の女性でつくる「七彩会」が、商店街を散策してもらおうと、15年以上前から行っている。おととしは新型コロナウイルスの影響で中止したが、昨年から再開した。

 今年は東小学校、杉の子幼稚園、のぞみ保育園などに協力を依頼した。小学生の短冊には新型コロナ収束や世界平和を願う思いのほか、「阿南研修にみんなで行けますように」「テストで100点が取れますように」といった願いが寄せられた。幼稚園児らの短冊には「電車の運転手になりたい」「動物園のパンダに会いたい」などのかわいらしい願いが込められた。

 七夕飾りは来月7日まで掲げる予定。同会の原民江さんは「風鈴の音を聞きながら、子どもたちの願いに思いを寄せてほしい」と話した。