味も彩りも豊かになった新しい「みずのいろ」=岐阜新聞・岐阜放送西濃支社

 交流サイト(SNS)で話題となった和菓子店「つちや」(岐阜県大垣市俵町)の人気菓子「みずのいろ」が、大幅リニューアルした。従来はハーブで色付けた美しさが特徴だったが、県産食材を使って味の豊かさを加え、彩りも6色に増やした。7月7日のみ直営7店舗で店頭販売するほか、予約販売を受け付けている。

 新色は「しろ」。玉泉堂酒造(養老町)の梅酒を使い、白く香り豊かな味に仕上げた。ほかの色も素材を一新し、「あか」はローズヒップと県産イチゴのジャム、「だいだい」は無農薬栽培の南濃みかん、「きいろ」は関市産の無農薬栽培のユズ、「みどり」はミントと瑞草園(池田町)の緑茶、「あお」はバタフライピー(チョウマメ)と春日養蜂場(垂井町)の蜂蜜をそれぞれ使った。

 2015年に発売したみずのいろは、「干錦玉(ほしきんぎょく)」という伝統的な和菓子を薄く仕上げたもの。水滴に見立てた透明感のある仕上がりが口コミで話題となった。

 1箱10枚入りで価格は2千円。「素材を一から見直し、地産の恵みを生かした彩りと味を楽しんで」と同店。問い合わせは同店、フリーダイヤル(0120)785311。