岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


ドローン、医薬品を薬局車に空輸 岐阜薬科大、被災地想定し実験 



モバイルファーマシーの前で飛び立つ医薬品を積んだドローン=岐阜市山県北野、岐阜ファミリーパーク
モバイルファーマシーの前で飛び立つ医薬品を積んだドローン=岐阜市山県北野、岐阜ファミリーパーク

 岐阜薬科大(岐阜市大学西)は21日、大災害で薬局機能を搭載した災害対策移動薬局車両「モバイルファーマシー(MP)」が複数台出動した際に、MP同士で必要な分の医薬品を空輸できるか、同市山県北野の岐阜ファミリーパークでドローンを使って実証実験した。同大によると、実験は全国で初めてという。

 MPは、東日本大震災で調剤設備を十分確保できなかったことを教訓に開発された車両で、車内で調剤できるのが特徴。全国に約20台、うち県内では同大が1台を所有している。

 実験は美濃地方を震源とするマグニチュード(M)8・0の地震が発生し、岐阜と静岡、三重のMPが1台ずつ被災地に入ったとの想定で行った。道路の破損と渋滞で陸路での医薬品の輸送に時間がかかるため、MP同士でドローンを使って医薬品を貸し借りするとした。

 3台の担当者は車両に取り付けてある無線機で、持ち場の被災地で必要な医薬品を要請。インスリンや痛み止めの座薬、睡眠導入剤などをドローンに取り付けた箱に入れて、500メートルから1キロ離れた場所で停車する別のMPの前まで空輸した。重さを1・5キロ以内とし、実験は計6回、全て成功した。

 実験は、ドローンの位置情報や撮影した映像を共有できるシステムを開発したリアルグローブ(東京都)と共同実施した。実験を担当した同大の林秀樹教授は「実験の有用性を証明し、被災地で使えるようにしたい」と話した。

カテゴリ: 医療 科学