岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


絶景パノラマ、乗鞍岳が秋色の装い サイクリング、登山客ら満喫



  • 季節が進み、色づいた木々=高山市丹生川町、乗鞍岳 
  • サイクリングを楽しむ人々=高山市丹生川町、乗鞍岳 
  • 富士見岳頂上で紅葉を写真に収める登山者=高山市丹生川町、乗鞍岳 

 岐阜、長野県境の北アルプス・乗鞍岳(3026メートル)の山頂付近で紅葉が見頃を迎えている。新型コロナウイルスの緊急事態宣言解除後、初の週末となった2日は、多くの登山者やサイクリストが秋の山を楽しんだ。

 高山市丹生川町の平湯峠と乗鞍岳・畳平を結ぶ観光山岳道路「乗鞍スカイライン」では、ダケカンバやカエデで赤や黄に色づいた山あいを、登山者を乗せた観光バスが進んだ。秋の澄んだ空気の中、ゆっくりと自転車で上がっていく人々も見られた。

 富士見岳の長野県側ではナナカマドが斜面一帯を深紅に染め、登山者が頂上からの雄大な景色を写真に収めていた。

 神奈川県から訪れ、乗鞍岳の最高峰・剣ケ峰に登った夫妻は「山頂からのパノラマが最高。紅葉もきれいだった」と話した。乗鞍スカイライン沿線の紅葉は、今月上旬までが見頃。

カテゴリ: おでかけ くらし・文化