安江病院(岐阜市鏡島西)は4日、外部から不正アクセスを受け、病院のコンピューターシステムに保管していた患者や新型コロナウイルスワクチンの被接種者、病院職員の個人情報が流出した可能性があると発表した。個人情報は最大で約11万2700人分に上るとしている。

 流出した可能性があるのは、患者やコロナワクチン被接種者の名前、生年月日、住所、電話番号、持病や治療歴、予防接種歴で、最大11万1991人分。病院職員の氏名や住所など715人分。

 職員が5月27日朝、電子カルテなどを管理するサーバーに障害が発生しているのに気づき、システム会社の調査で不正アクセスによるものと断定した。28日にはシステムを復旧し、通常の診療を再開した。県警や厚生労働省に報告し、専門機関に調査を依頼している。これまでに個人情報が悪用された被害は確認されていないという。

 病院は「深くおわび申し上げる」と陳謝し「情報管理体制の強化や不正アクセスの全容解明、再発防止に取り組む」としている。