岐阜県の感染状況や取り組みを説明する古田肇知事(手前)=27日午後、県庁

 人流が増加する年末年始を控え、岐阜、愛知、三重県の知事は27日、テレビ会議を開き、新型コロナウイルス対策を協議した。新たな変異株「オミクロン株」の感染拡大が続く中、初詣や成人式などで十分な感染防止対策を徹底するよう呼び掛ける共同メッセージを発表した。

 国内ではオミクロン株の感染が広がり、岐阜県では海外からの帰国者、愛知県では市中感染とみられる事例が確認されている。

 メッセージでは、初詣は正月三が日を避ける分散参拝や、境内での三密の回避、人数制限などの対策への協力を呼び掛けた。また、カウントダウンイベントや初日の出、成人式など、多くの人数が集まる行事に参加する場合は、マスクの着用や手指の衛生確保を徹底し、大声での会話や過度な飲酒を控えるよう求めた。

 会議では各県の取り組み状況も報告された。岐阜県の古田肇知事は「年末年始は油断なく取り組んでいく」と述べた。