強い寒気と冬型の気圧配置の影響で雪が積もった岐阜市内。電光掲示板ではスリップ事故への注意を呼び掛けている=31日午前10時45分

 強い寒気と冬型の気圧配置の影響で、岐阜県内は31日、飛騨地方の山地や岐阜・西濃地方の平地を中心に大雪となった。1月1日にかけて山地を中心に降雪が続くとして、岐阜地方気象台は、積雪や路面の凍結による交通障害に注意を呼び掛けている。

 気象台によると、31日午前10時時点の積雪量は大野郡白川村105センチ、飛騨市河合83センチ、郡上市長滝で44センチ、不破郡関ケ原町で29センチなど。岐阜市内でも積雪となった。

 1日正午までの24時間降雪量は、いずれも多い所で美濃、飛騨地方の山地で50センチ、飛騨地方の平地で25センチ、美濃地方の平地で30センチと予想している。