打ち初め式で火花を散らして鍛錬する刀匠たち=2日午前11時16分、関市南春日町、関鍛冶伝承館

 刀都の岐阜県関市に1年の始まりを告げる新春恒例の「関伝古式日本刀鍛錬打ち初め式」が2日、同市南春日町の関鍛冶伝承館で行われ、刀匠が伝統の技を披露した。

 関鍛冶の盛業と安全を願い、関伝日本刀鍛錬技術保存会(土岐邦彦会長)が毎年開催。新型コロナウイルス感染対策で観覧者は事前申し込みのあった60人に制限した。

 

 刀匠らは烏帽子(えぼし)に白装束姿で臨み、日本刀の原料になる玉鋼(たまはがね)をたたいて不純物を取り除く「折り返し鍛錬」を披露。大つちを交互に振り下ろすたびに火花が勢いよく飛び散り、場内から歓声が上がっていた。

 保存会刀匠部会の丹波兼信(本名・丹羽清吾)会長(68)は「いよいよ一年が始まるという思い。刀匠やその家族が今年も新型コロナに感染せず、健康で過ごすことができれば」と話していた。