雪化粧した長良川堤。背景は金華山=14日午前8時26分、岐阜市内
積雪や路面の凍結で渋滞する道路=14日午前7時36分、岐阜市内
バスを待つ学生や通勤客でごった返す停留所=14日午前8時4分、岐阜市内

 強い寒気の影響で、岐阜県内は14日、各地で大雪となった。岐阜市内では朝、積雪や凍結の影響で道路が渋滞したほか、鉄道やバスに遅れが出て、通勤、通学の足に影響が出た。高速道路も東海北陸自動車道郡上八幡インターチェンジ(IC)―白川郷IC間などで通行止めとなっている。

 岐阜地方気象台によると、14日午前5時時点の積雪量は大野郡白川村で171センチ、飛騨市河合で145センチ、郡上市長滝で62センチ、高山市で52センチ、不破郡関ケ原町で21センチ、岐阜市10センチなど。

 県によると、下呂市では50代男性が除雪作業中に脚立から転落し、骨折する重傷を負った。山県市や高山市の一部地域では停電も発生した。

 14日夕方にかけて強い冬型の気圧配置が続く見込みで、岐阜地方気象台は積雪による交通障害に注意を呼び掛けている。