美濃市の国道156号沿い、小倉山南麓にある小倉公園は市民憩いの場。駐車場に壮大な石垣があり、来訪者を出迎える。ここには、かつて小倉山城があった。信長、秀吉、家康に仕えて戦国期を生き抜き、飛騨高山藩初代藩主となった金森長近が江戸時代初期、〝ついのすみか〟として築いた隠居城館だ。