岐阜県教育委員会は22日、教職員の働き方改革の一環として、県内公立高校の入試について、専用のウェブページから出願する「ウェブ出願」の導入を検討する方針を示した。具体的な実施時期や方法などは未定で、今後検討する。

 ウェブ出願の検討を盛り込んだ「教職員の働き方改革プラン2022」が、22日の定例教育委員会で承認された。

 県教委によると、入試の受け付け業務の負担を軽減することが目的。隣県では福井県が今回の2022年度入試で初めて導入し、三重県は来年実施の入試から開始する見込み。

 また、働き方改革プランでは、人工知能(AI)を用いてテストを採点する、岐阜県内の公立高校が導入している「自動採点システム」を、公立高校入試の採点でも活用する方針が示された。採点業務の負担を軽減する狙い。自動採点システムは長時間労働の解消を図ろうと定期テストなどで用いられ、一部教科で採点時間が短縮している。