セイノーホールディングスの事業子会社GENie(ジーニー、東京都、田口義展社長)は、ごみのポイ捨て調査などを手がけるピリカ(東京都、小嶌不二夫社長)と共同で、道路や歩道に落ちているごみの分布調査の実証実験を始めた。

 持続可能な開発目標(SDGs)の活動の一環。ジーニーが処方箋配送サービスで使う車のダッシュボードに、ピリカが開発したごみ分布調査システムを搭載したスマートフォンを設置=写真=。配送しながら、スマホのカメラで街の状況を動画撮影する。まずは3台の車を使い、東京23区で数カ月間試験運用する。

 ピリカは動画から、街中のごみの種類や数量を計測。ごみの分布状況が分かる地図を作製して、地域の美化活動に活用する。