純白のホウが見頃を迎えたミズバショウ=17日午前11時20分、高山市朝日町見座、美女高原

 岐阜県高山市朝日町見座の美女高原でミズバショウが見頃を迎え、純白のかれんな姿が訪れた人々を癒やしている。

 標高約830メートルの湿地帯に、約1万株が群生している。管理する美女高原観光開発組合によると、平年並みの3月下旬に白いホウが開き始めた。5月の連休ごろまで楽しめそう。

 家族連れらが、まばゆいミズバショウに囲まれた木道で散策を楽しんでいる。愛知県から訪れた男性(79)は「こんなに近くで見られるところは他にない。今年は一段ときれいだ」と写真に収めていた。