真剣な表情で稽古するまり華さん=下呂市森、下呂温泉合掌村

 岐阜県下呂市の下呂温泉地域おこし協力隊の舞妓(まいこ)・まり華(か)さんが、4、5日の両日、下呂市森の下呂温泉合掌村で公演を行う。一般向けの初舞台となるが、「また会いたいと思ってもらえるような公演にしたい」と意気込んでいる。

 まり華さんは東京都大田区出身。下呂温泉の温泉文化の一端を担う芸妓(げいぎ)・舞妓の文化を守ろうと市が公募した地域おこし協力隊員に昨年4月に着任し、デビューに向けて稽古に励んできた。

 今後の活動拠点となる合掌村の「しらさぎ座」で稽古を公開し、先輩の芸妓と一緒に踊るあでやかな姿を見せた。まり華さんは「『会える舞妓』をPRしたい」と笑顔で話した。

 4日は午後1時15分からの計5公演、5日は午前9時45分からの計5公演に出演する。観覧は無料(合掌村入場料は別途必要)。