大垣ミナモSC×太陽誘電=2番手で登板し、2回無失点と好投した大垣ミナモの中山=宇津木スタジアム 

 ソフトボール女子のJDリーグ第6節第1日は14日、群馬県の宇津木スタジアムなどで8試合を行い、大垣ミナモSCは太陽誘電(群馬)に0-3で完封負けを喫し、4連敗。通算3勝7敗で、順位は東地区6位タイ。

 大垣ミナモは先発のシエラ・ハイランド(イビデン)が三回までに2本塁打を浴び、3失点。相手の5本を上回る7安打を放ったが、1点が遠かった。2番手の中山日菜子(太平洋工業)は2回無失点と好投した。

 望月孝雄監督は「7安打を打ったがあと1本が出なかった。コースを考えた投球に対応できなかった」とコメントした。

 次戦は第6節最終日の15日、同スタジアムでNECプラットフォームズ(静岡)と対戦する。

 =県関係分
大垣ミナモSC(3勝7敗)
 0000000=0
 201000×=3
太陽誘電(6勝4敗)

(大)ハイランド、中山、浅井-長井、田立(太)寺田-上林▽本塁打 中溝、松木(太)