岐阜県と岐阜市は17日、県内38市町などで新たに計837人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。800人台は前週の火曜日(10日)以来で、同日より13人増。感染者は累計9万2818人となった。

 16日時点の入院患者数は前日から4人増え268人で、病床使用率は4月18日以来の30%台に達した。自宅療養者数は2860人。

 直近1週間の新規感染者数の平均は566・0人、人口10万人当たりの新規感染者数は200・23人と、いずれも微増。感染状況は高止まりが続いている。

 クラスター(感染者集団)は9件で拡大。恵那市のこども園では、園児9人を含む33人の感染が新たに分かり、計56人となった。

 また、県議会事務局は17日、高殿尚県議(59)=県政自民クラブ、高山市=が新型コロナウイルスに感染した、と発表した。事務局によると、鼻水やせきの症状があったため16日に医療機関で検査を受け、陽性が確認された。宿泊療養施設で療養する予定だという。