開山した乗鞍山麓五色ケ原の森で、布引滝を楽しむ入山者=20日午前10時8分、高山市丹生川町

 岐阜県高山市丹生川町の「乗鞍山麓五色ケ原の森」が20日、開山した。入山者が滝や沢、湿地など多彩な自然を満喫した。

 中部山岳国立公園の南端に位置する約3千ヘクタールの森林地帯で、19年目のシーズンを迎えた。森の案内人(ガイド)同伴で有料で公開されている。基本の1日ツアーは3コースあり、標高約1360~1920メートル。半日ツアーも3コースある。

 同日、3年ぶりに開山祭を開き、関係者ら70人が出席。森の案内人の会代表の塚本勝さん(71)は「入山者に喜んでもらえるよう、地元の宝として地域で盛り上げていきたい」と述べた。今シーズンの入山は10月31日までで、約3千人の入山者を見込む。