輪之内町が貸し出しているレジャー用テント=輪之内町役場

 岐阜県輪之内町は、レジャー用テントの貸し出しを4月から行っている。町が災害時の簡易避難所として活用できるよう備蓄している300張りで、町危機管理課の荒川浩課長は「いざという時に活用できるよう、まずはテントに親しんでもらいたい。防災意識を高めてもらえたら」と話し、気軽な利用を呼びかけている。

 町内在住、在勤者が対象で、料金は1泊2日で500円。延長もできる。テントは縦横2・7メートル、高さ1・7メートルで大人5~6人用。キャリーバッグ付きで、初心者でも15分ほどで簡単に設営できるという。

 町では2020年度、プライバシーへの配慮から、車中泊やテント泊などをする被災者への対応の一環として、テント300張りを購入。これまで、町職員の避難所設営訓練などで使用していたが、地区での防災訓練や家庭でのキャンプなど幅広く使ってもらおうと、一般向けに貸し出すことにした。

 申し込みは、貸し出し希望日の前日までに、使用申請書を町危機管理課に提出する。申請書は、同課窓口か町ホームページで手に入る。問い合わせは同課、電話0584(69)3117。