雨量規制による事前通行止めの訓練を行う参加者=高山市久々野町無数河

 雨の多い季節を前に、国土交通省高山国道事務所は23日、岐阜県高山市久々野町無数河の国道41号で、大雨で通行止めを実施する際に下ろす道路遮断機や道路情報板の操作訓練をした。

 雨量規制による通行止めは、104人が命を落とした1968年の飛騨川バス転落事故をきっかけに全国で制度化。山と川に挟まれるなど、土砂災害の危険性がある区間が指定されており、県内では9区間ある。

 この日は、昨年と一昨年の豪雨の際にも通行止めがされた、同町無数河―渚間(延長8キロ)で実施。同事務所職員や、道路の維持管理に携わる民間業者ら約30人が参加した。

 参加者は2人一組になると、通行車両に指示を出して安全を確認しながら、遮断機を上げ下ろし。「この先 大雨 通行止」などと表示する電子情報板の操作方法も確認した。

 佐野勇副所長は「大雨時には迅速に通行止めし、安全な道路を維持したい」と話した。