淡いピンクの花を咲かせるササユリ=高山市国府町宇津江、花の森

 岐阜県高山市国府町宇津江の宇津江四十八滝山野草花園「花の森」で、ササユリが見頃を迎えた。淡いピンクや白の花が風に揺れ、訪れた人を癒やしている。

 ササユリはユリ科の多年草で、葉がササに似ていることから名が付いたとされる。同園では3・5ヘクタールに約2万本が植えられている。管理する飛騨国府観光によると、18日に咲き始めた。

 観光客らがうつむくように咲いた花を眺め、ゆったりと散策している。同社の担当者は「雨が降ると傷んでしまう花もある。晴れた日に楽しんで」と話している。見頃は7月上旬ごろまで。