環境SDGsおおがき普及支援センターと大垣市環境市民会議の新事務所開設を祝った式典=同市米野町
大垣市クリーンセンター内に設けられた「環境SDGsおおがき普及支援センター」=同市米野町

 「環境SDGs」を推進する岐阜県大垣市は、同市米野町の市クリーンセンター内に啓発拠点として「環境SDGsおおがき普及支援センター」を開設した。また、環境保全の取り組みを続けている市環境市民会議(菊本舞会長)の新しい事務所も置かれることになり、循環型社会の実現に向けた拠点として活用する。

 同市民会議は、市の環境基本計画を推進する団体として発足し、環境保護に関する催しの開催や、生ごみを堆肥化するコンポストの推進などを担っている。同市室本町の事務所が老朽化で解体されることになり、クリーンセンター1階に事務所を移転した。これに合わせ、1階ロビーに支援センターも設置。パネル展示などを通して、環境SDGsの概要や環境保護の取り組みを紹介している。

 開設に伴い、クリーンセンターで、支援センターと同市民会議の新事務所設置を祝う式典が開かれ、関係者によるテープカットや看板設置で祝った。石田仁市長は「情報発信の場として、ここを拠点に循環型社会の実現へ取り組みを発展させたい」と話した。