岐阜県は新型コロナウイルス患者を一時収容するための臨時医療施設を岐阜市内に設置した。病床が足りなくなった場合に活用する緊急避難的な施設。現在は未稼働だが、第6波に備えて医療提供体制を強化した。