岐阜県は1日、中津川市と可児市、揖斐郡揖斐川町で計4人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県内の感染者確認は2日ぶり。感染者は25日連続で10人を下回っている。感染者は累計1万8916人。

 ⇨【グラフ】ワクチン接種率の最新データ(全国、岐阜)

 ⇨【グラフ】岐阜県の市町村別で見る感染者数

 ⇨【グラフ】入院患者、自宅療養者、宿泊療養施設入所者、病床使用率の推移

 可児市の20代男性は愛知県の感染者の濃厚接触者として検査を受けて陽性が判明した。他の3人の感染経路は分かっていない。クラスター(感染者集団)の新たな確認や拡大、終息はなかった。

 直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者数は0・70人。11月30日時点の病床使用率は0・9%、宿泊療養施設の入所者は5人。

 新規感染者の内訳は、中津川市2人、可児市1人、揖斐川町1人。年代別は10代1人、20代2人、40代1人。