上空に寒気が流入し冬型の気圧配置が強まるため、岐阜県内は20日明け方から昼前にかけて、岐阜、西濃地域の山間部を中心に、所により大雪となる見込み。岐阜地方気象台は積雪や路面の凍結による交通障害、雪崩などに注意を呼び掛けている。

 気象台は20日午後6時までの24時間降雪量を、いずれも多いところで、山間部が美濃地方40㌢、飛騨地方30㌢、平野部が美濃地方20㌢、飛騨地方10㌢と予想している。同じ場所に雪雲が流れ込み続けた場合、警報級の大雪になる恐れがある。