県漁業協同組合連合会とのキャンペーンを企画した狩野佑介さん=土岐市土岐ケ丘、土岐プレミアム・アウトレット

 岐阜県漁業協同組合連合会(県漁連、岐阜市)と土岐プレミアム・アウトレット(土岐市土岐ケ丘)は5日から、遊漁券の提示でアウトレットでの買い物を割り引く「フィッシング&ショッピングキャンペーン」に乗り出す。県漁連と商業施設とのタイアップは初めて。異色のコラボレーションが話題を呼びそうだ。

 アウトレット運営会社のマネージャーで、釣り好きの狩野佑介さん(38)が、地域の魅力を絡めて買い物を楽しんでもらおうと企画。県漁連に持ち掛けた。

 10月31日までの期間中、県内の漁協が発行する今シーズンの遊漁券を、インフォメーションセンターに提示すると、割引が利用できるクーポンシートと、フリーザーバッグが贈られる。

 狩野さんは「岐阜県は多くの釣りスポットに恵まれ、愛好者も多い。帰りに買い物を楽しんで」とアピール。県漁連は「コロナ下で開放的に楽しめる釣りが注目されている。家族連れや若い人に楽しんでもらうきっかけになれば」と話している。