やきものマイスター制度を知らせるチラシと、テキストとなる「やきものハンドブック」=多治見市明治町

 日本の焼き物の知識を問うオンライン検定「やきものマイスター」制度を、焼き物の業界団体が共同で立ち上げた。無料の3級に続き、今年から有料の2級を始め、2月には1級が受検できるようになる。何度も挑戦することで知識を増やせるのが特徴だ。焼き物好きなあなた、家で過ごす時間が増えるこの時期に挑戦してみてはいかが-。

 主催するのは、日本陶磁器卸商業協同組合連合会(日陶商連、岐阜県多治見市)など、産地卸、メーカー等4団体でつくる「『陶器の日』事業4団体協議会」。

 検定は3級は15問、2級は30問を、制限時間内に7割以上正答すれば合格となる。1級は50問を9割以上。美濃焼や有田焼、九谷焼など産地の特徴や製造工程を問うものから、業界人がうなる難問まで。2級以上は登録の上で受検料(2級3300円など)を払い、専用サイトにアクセスして受検する。有効期間は15日間で、期間中何度でも受検でき、終了後には解説が確認できる。合格者にはタイルのバッジと合格証が贈られ、加盟店などで割引などの特典が受けられる。

 日陶商連の坂﨑義雄理事長は「業界関係者の知識の底上げを図るとともに、日本全国に陶器のファンを増やしていければ」と受検を呼び掛けている。

 設問の基準となる日陶商連の「やきものハンドブック」は書店では扱っていないが、500円で配布している。問い合わせは事務局、電話0572(24)0437。