東京商工リサーチ岐阜支店によると、弁当製造のマルイランチサービス(下呂市森)は8日までに事業を停止し、自己破産申請の準備に入った。2021年3月期時点の負債総額は約5千万円。事後処理を弁護士に一任した。

 2015年に設立し、「ハローランチ」の店名で飛騨地域の企業、イベント向けの弁当を製造販売した。固定客を確保していたものの、新型コロナウイルスの影響を受けて売り上げが低迷。21年3月期の売上高は6300万円、純損失は640万円。慢性的な債務超過に陥り、先行きが見通せないと判断した。