活躍を誓いガッツポーズをする阪口慶三監督(左から4人目)と西脇昂暉主将(同5人目)、石田仁市長(同2人目)ら=大垣市役所

 第94回選抜高校野球大会(3月18日開幕・甲子園)に出場する大垣日大高校野球部の監督や選手らが岐阜県の大垣市役所を訪れ、石田仁市長らに活躍を誓った。

 阪口慶三監督や西脇昂暉主将、古田健二校長、小森年展部長が訪問し、石田市長や石川真恵市議会議長らが出迎えた。

 阪口監督は「バランスのいいチーム。特に投手陣は安心していいと思う。期待してほしい」と意気込み、西脇主将は「チーム一丸となって一戦一戦、阪口野球で戦い抜く」と決意を述べた。

 石田市長は「甲子園という夢の舞台。思う存分力を出して頑張ってきてほしい」とエールを送った。

 初戦は21日に福島県の只見と対戦する。