大垣ミナモSC×戸田中央=3回表大垣ミナモ2死満塁、田立が満塁本塁打を放つ=宇津木スタジアム

 ソフトボール女子のJDリーグ第1節は2日、群馬県の宇津木スタジアムなどで8試合を行い、大垣ミナモSCは昨年1部8位の戸田中央(埼玉)を4-1で下し、新リーグ開幕戦を白星で飾った。

 大垣ミナモは三回、四球などで2死満塁の好機をつくり、田立梨子(JAにしみの、多治見西高出)の満塁本塁打で先制。先発のシエラ・ハイランド(イビデン)が五回に1点を失うが、相手打線を2安打に封じ、完投した。

 田立は「満塁で回してもらったので絶対打とうと打席に入った。結果が出て良かった」と貴重な先制打を振り返った。望月孝雄監督は「本塁打で点を取れたのは大きかったが次戦はつないでつないでかえすソフトボールをしたい。勝利におごらず次も謙虚に頑張りたい」と話した。

 次戦は第1節最終日の3日、同スタジアムでホンダ(栃木)と対戦する。