木漏れ日が差し込む森の中に設けられたフォレストサイト=郡上市白鳥町石徹白峠山

 スポーツ用品大手アルペンは22日、岐阜県郡上市白鳥町石徹白峠山にキャンプ場「アルペンアウトドアーズしろとりフィールド」をプレオープンする。アルペンが運営する唯一のキャンプ場で、グループのアウトドアショップ「アルペンアウトドアーズ」が監修。利用者の声をプライベートブランドのキャンプ用品の開発に生かす。

 しろとりフィールドは、運営するスキー場「ウイングヒルズ白鳥リゾート」の敷地内にあるキャンプ場をリニューアルした。各所に森の木陰のフォレストサイトや、車を横付けできるオートサイト、電源付きサイトなどを設けた。

 20サイトでプレオープンし、7月9日のグランドオープン時には35サイトまで増やす。初心者向けにテントやシュラフを貸し出し、バーベキューの食材も全てそろう手ぶらサイトも導入する。将来は100サイトまで増やす計画。今季は12月4日までの営業期間中に4千人の利用を目指す。キャンプ場のホームページから予約できる。