青空の下を元気よく泳ぐこいのぼり=岐阜市柳津町、境川緑道公園

 岐阜市柳津町の境川緑道公園に16日、360匹のこいのぼりが飾られ、地域住民らの目を楽しませている。5月8日まで。

 町内の25団体と7地域の代表らでつくる「柳津町まちづくり協議会」(縄田秀夫会長)が、約20年前から毎年実施している恒例の事業。例年5月5日には「境川緑道公園どんと!こいこい祭り」を開催してきたが、コロナ禍のため今年も3年連続で中止が決まっている。

 こいのぼりは、各家庭で使われなくなったものに加えて新たに購入したものもあり、この日は協議会のメンバーら約80人が1時間かけて90本の柱に掲げた。公園には家族連れや犬の散歩をする人らが訪れ、青空の下で元気よく泳ぐこいのぼりを眺めていた。

 1歳の長男を連れて訪れた男性(40)=同市河渡=は「初めて来た。すごくきれいで子どもも喜んでいる」と話していた。