マス釣りを楽しむ家族連れら=中津川市川上、夕森渓谷

 岐阜県中津川市川上の市有施設「夕森渓谷キャンプ場」は30日、今季の営業をスタートさせた。キャンプ場近くのマス釣り場には家族連れらが訪れている。

 キャンプ場は地元の川上まちづくり推進協議会が指定管理を担う。協議会は川上川沿いにある国際マス釣り場も運営している。豊かな森林資源がある夕森渓谷の魅力を発信し、地元の活性化を図ろうと取り組みを推進している。

 29日は竜神神社で夕森山の山開きを行い、夕森渓谷の安全を願った。今季の営業は10月29日まで。桂川一二会長は「四季折々の自然と触れ合うことができる。コロナ禍の中だが、安心して来てほしい」と話している。