ヒマラヤは11月、コロナ禍でも活況なアウトドア需要を取り込むため、岐阜市江添のスポーツ本館隣接地にアウトドア専門店を新築、出店する。本館のリニューアルとともに今月中にも着工する。2023年8月期中にさらに1店舗、24年8月期には4店舗の出店を計画。アウトドア専門店の出店で満足度の高い売り場づくりを進める。

 スポーツ本館南の駐車場や寮がある土地に平屋を建設する。売り場面積は約2600平方メートル。テントを組み立てたり、キャンプ用品を並べたりできるよう十分な広さを確保した。従業員は40~50人を見込む。投資額は非公表。

 アウトドア商材は現在、本館の一角で展開しているが、一般スポーツ商材と別棟にすることで双方の商品数を増やし、充実を図る。担当者は「既存のゴルフ館と一般スポーツに特化した本館、アウトドア専門店の三つで、本館周辺は相乗効果による集客力アップを狙いたい」と話した。

 アウトドア専門店は、24年8月期までの中期経営計画に盛り込んだ出店強化の一環。今年3月に市場調査として、ららぽーと東京ベイ(千葉県船橋市)に専門店「OUTDOOR(アウトドア)by H.M.R.Y.」を11月までの期間限定で出店しており、プライベートブランド「VISIONPEAKS(ビジョンピークス)」などを展開している。