岐阜県可児市教育委員会は20日、市学校給食センター(同市大森)で調理した給食に長さ約2㌢、幅約4㍉の鋭利なプラスチック片1個が混入していたと発表した。けが人はなかった。

 センターによると、同日午後12時5分ごろ、センター職員の昼食用に調理員が給食を配膳しようとした際、「ふのすまし汁」から異物が見つかった。センターはすぐに市内全ての公立小中学校に、ふのすまし汁を食べないよう連絡したが、小学校10校と中学校4校で、一部の児童生徒や職員が食べ終えていたという。

 学校の給食で異物が見つかったり、健康被害があったとの報告はない。センターは混入の原因を調べている。