ふるさと納税返礼品に登録された飛騨牛ヒレ肉を手に、PRする日比野寮二さん=安八町城、焼肉マルイ

 岐阜県安八町城の焼き肉店「焼肉マルイ」の約3~8キロの飛騨牛ヒレ肉が、町のふるさと納税返礼品に加わった。寄付額は1本20万円からと高額だが、店主の日比野寮二さん(54)は「なかなか個人で手に入るものではなく、インパクトは抜群。町の新たな名物になれば」と期待を込める。

 同店は昨年9月、新型コロナウイルス感染拡大の影響で店の客足が遠のいたことから返礼品登録をし、飛騨牛の取り扱いを開始。12月には1日に30件超の注文が入るなどして、店の通常営業と合わせて、過去最高の売り上げを記録した。

 「30年以上精肉業界に携わり、目利きには自信がある」と日比野さん。ヒレ肉には、さっぱりした味が特徴で、牛1頭から2キロほどしか取れない希少部位「シャトーブリアン」が含まれるという。「おいしい飛騨牛の返礼品をきっかけに、安八町に興味を持ってもらえたらうれしい。地元に貢献できれば」と話す。