開通に向けて進む白山白川郷ホワイトロードの除雪作業=大野郡白川村

 岐阜県大野郡白川村と石川県白山市を結ぶ山岳道路「白山白川郷ホワイトロード」で、6月の開通に向けた除雪作業が進んでいる。23日は白山林道管理事務所が作業を公開し、作業車が雪を吹き飛ばして青空にアーチを描く姿が見られた。

 ホワイトロードは、白山国立公園内の標高500~1450メートルを走る全長33・3キロの有料道路で、冬季は閉鎖されている。事務所によると、今季は積雪は多かったものの、暖かい日が続いていることもあり、全線開通は例年並みの6月17日を予定している。

 23日の作業は標高1420メートル地点で行われたが、周囲の残雪は場所によっては15メートルほどある銀世界だった。知手裕一所長(65)は「安全に作業を進めて開通し、皆さんにホワイトロードの新鮮な空気を楽しんでもらいたい」と話していた。