自然に囲まれながら鮎料理を堪能する来店者=関市洞戸尾倉、鮎の里ほらど

 岐阜県関市洞戸尾倉の鮎料理処(どころ)「鮎の里ほらど」は19日、今季の営業を開始した。初日から大勢の客が訪れ、新鮮な鮎料理を味わった。10月10日まで無休で営業する。

 板取川沿いにあり、テラス席から川や森林を眺めながら料理を楽しめる。山田達夫社長は「新型コロナウイルスの感染対策を徹底し、自然に囲まれた中で味わってほしい」と話した。

 料理は2千円から4600円の四つのコースがあり、塩焼き、唐揚げ、刺し身、煮付け、雑炊などを堪能できる。営業時間は原則午前10時~午後4時。問い合わせはフリーダイヤル(0120)244404。