名古屋将棋対局場のこけら落としとなった順位戦A級1回戦で、初手を指す藤井聡太五冠(左)=22日午前10時、名古屋市中村区、ミッドランドスクエア25階

 日本将棋連盟の公式対局拠点「名古屋将棋対局場」が22日、JR名古屋駅東口のミッドランドスクエア25階(名古屋市中村区)に開場した。こけら落としの対局となった第81期順位戦A級1回戦では藤井聡太五冠(19)が、同連盟会長の佐藤康光九段(52)を101手で破り、最年少名人挑戦権に向け幸先良い一歩を踏み出した。

 同対局場は東京、大阪に続く常設対局場。対局前の開場セレモニーでは佐藤会長、藤井五冠や、名古屋市出身で藤井五冠の師匠杉本昌隆八段(53)、佐々木慎七段(42)も出席、テープカットで祝った。佐藤会長は「良い将棋を指す、良い棋譜を残すことが棋士にとって最大の務め。ここから世界に向け情報発信したい」とあいさつ。藤井五冠は「開場をとてもうれしく思い、東海地方の将棋界がさらに発展していくことを願います」とコメントした。

 A級1回戦は先手の藤井五冠が初手「2六歩」を指し火ぶたが切られた。B級2組1回戦の杉本八段と佐々木七段の対局も同時に行われた。