柳生一成氏

 任期満了(来年2月9日)に伴う岐阜県揖斐郡池田町長選で、新人で元県職員の柳生一成氏(66)=写真、同町本郷=が無所属で立候補する意向を固めた。近く正式に出馬表明する見通し。

 柳生氏は名古屋大を卒業後、1979年に県庁に入り、労働雇用課長、国際課長、中濃振興局副局長などを歴任。2015年に早期退職した。現在は岐阜市、瑞穂市などでコンビニ複数店を経営している。

 本紙の取材に対し、「これまでの経験を生かして風通しの良い町政運営を進め、若者や子育て世帯に選ばれるまちづくりをしたい」などと語り、企業誘致や観光誘客に意欲を示した。

 町長選には、現職の岡崎和夫氏(74)が6選を目指して立候補を表明しており、選挙戦になる見通し。