マラソンの川内優輝選手が27日、下呂市の金山中学校で生徒と交流した。埼玉県庁にフルタイムで勤めながら市民ランナーとして活躍、プロに転向した川内選手。講演会で自分を信じることの大切さを教えた後、中学生のチームと駅伝で勝負した。