岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


珍客?民家玄関に「幻のヘビ」シロマダラ 美濃市で発見「最初はマムシかと」



玄関にいた「幻のヘビ」シロマダラ=美濃市(國光純子さん提供)
玄関にいた「幻のヘビ」シロマダラ=美濃市(國光純子さん提供)

 「幻のヘビ」といわれるシロマダラが、岐阜県美濃市の國光美孝さん方の玄関で見つかった。國光さんの妻純子さん(47)は「最初はマムシだと思い怖かった。後で珍しいヘビと知り、驚いた」と振り返る。

 シロマダラは日本固有種で全国に分布。毒はない。体長は30~70センチ程度で、頭部は黒く体は独特のしま模様。ヤモリやトカゲなどを食べる爬虫(はちゅう)類食なのが特徴。夜行性で人目につきにくく、民家などで発見されるのは珍しいという。

 純子さんが見つけたのは9日午前9時頃。日課の玄関の掃除をしようと傘立てを移動させると、見たことのない模様のヘビがいた。「刺激してはいけない」と家に入り知人に電話。関署美濃交番にも相談。マムシかもしれないとの助言を受けて恐怖心が増したが、自身で追い払うしかないと覚悟。飛び掛かるのを警戒してほうきの柄を使って体を押した。ヘビは頭を上げて純子さんを凝視したが、その後、頭を左右に大きく振りながら裏の山手に逃げた。「太さは女性の親指ぐらい、長さも1メートルもなく、小さかったので対応できた」と話す。その後、純子さんが群馬県の日本蛇族学術研究所に連絡し、シロマダラと判明した。

 爬虫類に詳しい大垣北高校の高木雅紀教諭(56)は「シロマダラは小型で環境の変化に弱いヘビ。発見された場所は豊かな自然が保たれている場所だといえる」と話した。

カテゴリ: くらし・文化 写真ニュース 科学