集めたペットボトルキャップを岩間誠事務局長に手渡す揖斐高校家庭クラブの役員=揖斐川町三輪

 岐阜県揖斐川町三輪の揖斐高校の家庭クラブは、発展途上国の子どもたちにポリオワクチンを届けようと、ペットボトルキャップ約5万1000個を同所のNPO法人いびがわミズみずエコステーションに寄託した。

 寄託は毎年実施。各教室に回収箱を置いて生徒や教員に協力を呼び掛け、昨年8月から集めてきた。

 クラブの樋口莉菜会長(3年)ら役員の生徒4人が同法人の事務所を訪れて、岩間誠事務局長に手渡した。樋口会長は「世界の子どもたちにワクチンが必要なので、来年以降も活動を継続したい」と話すと、岩間事務局長は「活動に感謝する。今後も継続してほしい」とお礼を述べた。

 キャップはリサイクル業者に売却され、売上金はNPO法人「世界の子どもにワクチンを日本委員会」に寄付される。