新型コロナウイルス感染拡大防止と社会経済活動の両立に向けて、政府が進める「ワクチン・検査パッケージ制度」を利用するため、飲食店とカラオケ店を対象にした岐阜県への登録が1日、始まった。観光関連事業者の登録は今月中に開始する予定。

 ワクチン・検査パッケージは、新型コロナウイルスの感染が今後再拡大し、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が発令された際、ワクチン接種歴か検査の陰性証明を確認すれば、「4人以内の会食」や「カラオケ設備の提供停止」の制限が免除される。

 飲食店の人数制限は「1卓4人以内」が緩和され、制限がなしになる。登録は、アクリル板設置、または座席間隔確保といった感染防止対策の第三者認証を取得した店が対象となる。カラオケ店では、収容率50%を上限にカラオケ設備の提供が可能になる。登録が完了した店舗には、登録ステッカーが配布される。

 登録方法や書類の入手方法は県のホームページhttps://www.pref.gifu.lg.jp/site/covid19/188808.html。問い合わせは平日午前10時~午後6時にコールセンター、電話(0570)055523。