不織布マスクを寄贈した佐竹鉄工の佐竹宏文社長(左)と大橋孝町長=養老町内

 岐阜県養老町蛇持の土木・建築資材製造販売「佐竹鉄工」と子会社の「佐竹販売」は、養老町に不織布マスク150万枚を寄贈した。

 両社の社長を務める佐竹宏文さんが町役場を訪れ、大橋孝町長と面談。「町で生まれ育ち、経営する企業も活動の拠点としており手助けしたい。新型コロナウイルス感染症対策に役立てて」と話した。大橋町長は「たくさんのマスクで非常に助かる。新型コロナやインフルエンザの感染拡大防止のため有効に活用する」と感謝した。

 この後、大橋町長は、マスクが保管されている町内の倉庫を視察した。マスクは必要なときに提供される。