中京×各務原=参考記録ながら無安打無得点の快投を見せた中京のエース・菅沢=長良川
岐阜×関商工=6回表関商工1死満塁、左前適時打を放つ林東=長良川

 第105回全国高校野球選手権記念岐阜大会第3日は16日、長良川球場など6球場でCDブロック2回戦16試合を行った。

【2024高校野球岐阜大会】特集ページはこちら!

 第1シードの中京は中盤の猛打と、参考記録ながら無安打無得点のエース菅沢宙の快投で11―0の六回コールド勝ち。69年ぶりの夏の甲子園を目指した岐阜は8―0から、関商工にまさかの逆転負けを喫し、8―9で初戦敗退した。

 第2シードでは市岐阜商が五回コールドの12―0で圧勝したが、益田清風は帝京大可児に0―2で完封負けした。海津明誠、岐阜総合、土岐商、岐阜各務野など実力校も3回戦に駒を進めた。

 第4日は17日、長良川球場など4球場でABブロックの3回戦8試合を行う。